カテゴリー
cbd

リラモードはタバコと違う?ヤバイ成分が入ってる?

ここ数年でiQOS(アイコス)やglo(グロー)など、様々な電子タバコが登場し、紙巻きたばこから乗り換えている人が増えています。

しかし、社会の流れで喫煙所が減ってきており、飲食店などでも禁煙になってしまい肩身が狭い思いをしている人もいるでしょう。

そこで今回は、電子タバコの中でも現在人気急上昇中のリラモードについて紹介したいと思います。

リラモードは他の電子タバコと違う?

今回紹介する「リラモード」という電子タバコは、一体他の電子タバコと何が違うのでしょうか。

リラモードの特徴としては「ニコチン」「タール」といったタバコに含まれる害がある成分が全く入っていません。

iQOS(アイコス)なども周りに害はないと公言しているものの、ニコチンの摂取はできる為、依存性がありますし身体に有害な成分が含まれています。

最も特徴的なのが、電子タバコでCBDを摂取できるという点です。

CBDという成分とは?

リラモードではCBDリキッドを使用しています。

このCBDとは、麻由来の成分で海外だけでなく日本でも合法で使用が認められている安全な成分です。

CBDは大麻植物に含まれる有効(カンナビノイド)成分のうちの一つのカンナビノイド成分です。現在、CBDは最も薬理効果を期待されている非精神活性化合物で、簡単にいうとリラックス効果が期待できる成分となります。CBDは大麻成分のうち約40%を占めると言われており、日本でも合法で使用が認められています。
現在CBDの魅力は医療、食品、化粧品、など様々なジャンルで注目を集めています。大麻草(マリファナ)というと世間一般的には違法薬物であったり、いわゆるハイ状態になったり幻覚をみたりするのではないかというイメージがあるかもしれませんが一般的に大麻の作用として知られる成分はTHC(テトラヒドロカンナビノール)です。
THCは精神活性作用(多幸感など)があると同時に、THCは日本では厳しい法律が定められています。

https://chloroo.com/blogs/news/001

麻由来ということで大麻を連想してヤバイ成分ではないのか?と想像してしまうかもしれませんが、安心してください。

大麻には違法な成分として摂取すると「ハイ」になってしまうのですが、THCという成分が含まれています。

一方のCBDは、このTHCを含む危険成分を全て取り除いた成分ですので、合法かつ安全な成分というわけです。

その上、リラモードのCBDリキッドは日本よりも厳しい基準が設けられているアメリカで作成されているので、安全性が確保されています。

世界的に医療、食品、化粧品、など様々なジャンルで注目を集めている成分ですので、リラモードを使用しても違法性はなく、安全に利用できます。

CBDはストレスを緩和、不安を軽減し、精神疾患の治療にも有効と言われており、タバコというよりも健康志向の方が好むようなサプリメントのように思って頂くとわかりやすいかもしれません。

リラモードはCBDの効果が欲しい人にオススメ!

「リラモード」は喫煙者だけではなく、非喫煙者にもおすすめできる電子タバコです!

CBDという成分は、リラックス効果、睡眠改善など様々な効果が期待されるので毎朝、寝る前などのルーティンとして利用すると寝つきと目覚めがよくなりますよ。

また、リラモードは一本で400回〜500回前後吸引が可能ですので、タバコよりもコスパが高いです!

また、部屋に匂いが残る、副流煙と言ったタバコのデメリットもないのでいつでもどこでも利用できるので、禁煙目的にも健康目的にも使える万能な電子タバコとして利用してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です