CBDオイルとはどんな電子タバコ?おすすめのCBDオイルは?

CBDオイルには食欲増進、ストレス解消などの効果があると言われており、インスタグラムやTwitterをきっかけに利用者が増えています。

海外では数多くのセレブも利用していることを公言していて、今後日本でヒットすること間違いなしとも言われています。

CBDオイルとはいったいなんなのかを知らない人も多いと思うので、この記事ではCBDオイルについて説明し、使い方とおすすめのCBDオイルも紹介するので参考にしてください。

CBDオイルとは?

CBDオイルの主成分は、CBDという大麻草に含まれるたくさんのカンナビノイド成分のうちの1つで、日本では合法の成分です。

日本の法律では、同じ由来の大麻などに含まれるTHCという成分が違法にあたり、CBDはこのTHCを排除したものなので合法に利用できます。

CBDは陶酔作用のない成分で、幅広い疾患の治療や症状緩和に役立つことが期待されており、世界各国で医療の分野でも研究がされている注目の成分でもあります。

  • 吐き気の軽減(化学療法を受ける患者に役立つ)
  • 食欲増進
  • 鎮痛
  • 炎症軽減
  • ストレスおよび不安の緩和

CBDには上記効果があることが確認されており、実際に日本国内で利用している人はリラックス目的で使用している人が多いようです。

ストレス社会で戦う人々にとって、ストレスを手軽に緩和できるのはありがたいですからね。

CBDオイルの使い方を紹介

CBDオイルを利用するにあたって、主に以下の3種類のタイプに分かれます。

「吸引タイプ」
「塗るタイプ」
「吸引タイプ」

それぞれの使い方についてみていきましょう。

吸引タイプ

吸引タイプのCBDオイルでは、VAPEという電子タバコの機器を用います。

この電子タバコを用いてCBDオイルを加熱することで、オイルを水蒸気に変えてたばこのように吸って吐くことで、体内にCBDの成分を取り込みます。

たばこと同じ容量で、しっかりと肺に入れて留めるとより多くのCBDを摂取することができるので、効率よく効果を実感できます。

飲用タイプ

CBDオイルを直接口から飲み込むタイプの製品もあります。CBDオイルを飲み込んで体内に入れることで、体内に成分が吸収されて全身にめぐって効果があらわれます。

製品によってはスポイトがついているので、このスポイトを使って用量を測り口内にオイルを入れ込み、すぐに飲み込まずに、ゆっくりと口内になじませてから飲み込みます。

CBDオイルの成分は粘膜からも吸収することで効果を発揮するので、すぐに飲み込んでしまうと効くまでに時間がかかってしまいます。

オイルを直接飲むのが嫌だという方は、カプセルタイプの製品を利用すると良いでしょう。カプセルタイプであれば持ち運びも楽ですし、いつでも気軽に飲むことができます。

塗るタイプ

CBDオイルを体に塗って使用するという方法もあります。

製品の中では、体に塗りやすいようにロールオンになっているものもあり、持ち運びやすく、手を汚さないで利用できるというメリットがあります。

手軽にサッとCBDオイルを使用したい、ちょっとだけ使いたいという場合にはこの製品・使用方法がおすすめです。

CBDオイルのおすすめはリラモード!

現在、日本でも知名度が上がってきているCBDオイルは、数多くの製品を購入することができます。

その中でも特に、おすすめなのがリラモードです。

リラモードは、日本人向けに味を研究しており、3種類の味で美味しくCBDを摂取し続けることができます。用意されているフレーバーは以下の3つ。

  • メンソール
  • マンゴー
  • ベリー

他のCBD製品には苦味があるという口コミを見かけますが、リラモードではその心配も不要です。CBDは継続して摂取することに意味があるのでとても嬉しいポイントです。

まとめ

CBDオイルは合法で、手軽に利用できるものが数多く登場しています。

まだ使ったことがないという方はまずは、おすすめのCBDオイル「リラモード」をぜひ使用してみてください。

現在はお得なキャンペーンも開催しているので、始めるにはぴったりの時期ですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です